2011年10月29日

君に届けられて

<弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。されば、それほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ> 「嘆異抄」 後序より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

・・

久々の更新でございます。

ここんとこ、無沙汰!

皆様いかかがお過ごしでしたでしょうか?

あたしは?と申しますと・・・・・・・

まあ 言うなれば

<努めてフレッッーシュ!!!>

というところでしょうか???

(*まあ久々なんで つかみはこんなもんでよしとしてください)

そんなよく分からない挨拶はさておき

いやあ~

金曜ロードショウで実写版「君に届け」やってましたね。Todoke

実は、ブログ更新してない間 記事書く変わりに何してたかと申しますと

実は・・・

パソコンの前で酒飲みながら ぼーっとバカ動画とか見てたわけなんですよ。

そんな中で アニメ版の「君に届け」も見ていたんですけれども

今回の金曜ロードショー 見るに当たって、あらためてこの「君に届け」ってタイトルを見直しますと

これって 坊主に

大切なことを思い出させるタイトルだと気付くわけです。

なんの事かと申しますと・・・

坊主にとって大切なものは やはり <伝道>と<求道>なわけですが

お釈迦様の伝道のこころ、高僧方の伝道の心ってのはきっと 

「君に届け!」

という思いだったじゃないかな」とあらためて気付くわけです。

あたしは、日々 ご門徒のお仏壇にお参りさせてもらってますが、

そこで

自分が喜んでいる仏法を

「君に届け!」と 

みなさんに まっすぐに伝道しようとしてきたのか?

と僧侶としての自分をかえりみると同時に

それ以前の問題として  

お釈迦様や高僧がたの言葉を届けられる側の自分、つまり

あたしは<君たちに>ではなく、

<君にとどけ!>と

自分のこととして

受け取っているのか? 

という問い、つまり あたしでしたら お釈迦様からの 

「黒骨に届け!」

願ってくださるというかそんな感じの思いを

あたしは、ちゃんと受け止めているのか?

とこれまでの姿を あらためて「君にとどけ」という言葉によって考えさせられました・・・ 

いや~  はっとしますねえ。

「<爽やかさ>や<基本>から 

程遠いあたしになってた」

と気付きましたよ・・・。

でも そんなこと考えながらも 

おしぼりで顔を拭いてる 爽やかじゃない

自分の姿には気付かないもんです。

ということで・・・・

最近は 景気づけに 要所要所で 努めて 

「ふれっしゅ!」

と気合を入れ 自分を鼓舞しております。

ps:年を取ったせいなのか 「君にとどけ」を何度見ても 主人公である高校生たち、 風速くんやさわこちゃんとは 全くシンクロできないあたしは いつも 爽子ちゃんのお父さん目線でこの作品を見てしまいます。

posted by 泣いた赤骨 at 02:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 親鸞聖人によろしく | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

坊主は気休めが嫌いなもので・・・

今日が初日の千秋楽

辛い現実も 何か こう言うと お祭りみたい

と思いません?

ハイ! それではみんなそろって

仏滅上等!!

posted by 泣いた赤骨 at 03:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 親鸞聖人によろしく | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

自分が嫌になる時

暑い日が何日も続くと

ふと

「そろそろ 誰か死ぬな・・・・」

と思ってしまう時。

そして それを計算に入れて、その他の計画を立ててしまう時。

そんな 死神と幾らも違わない自分を自己弁護してしまう自分に気付いた時。

「こんな事書けば さらに自己弁護じゃん」 と思われたくないと思ってることに気付いたとき。

さらに 「そんな事書けば ますます自己弁護じゃん」と思われたくないと 思っているとき。

さらに、さらに。。。。。。。。。。。。。。。。。

さらに、さらに、さらに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに、さらに、さらに、さらに\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

↑こんな感じでいつの間にか頭の中で ループしている時。

そして、「そろそろ 誰か死ぬな」と思ってしまった 自分に対する嫌悪感がいつの間にか紛れてしまっているのに気付いた時。

posted by 泣いた赤骨 at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 親鸞聖人によろしく | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。